【初心者向け】バスケットボールの反則ルールとは?簡単にわかりやすく解説!

バスケの反則 バスケニュース・小ネタ

バスケの試合を見ていて、難しいなあと感じるのが反則のルールなのではないでしょうか?

リトル・シャック
リトル・シャック
シュートが入った、入ってないは見てればわかることですが、反則は複雑でわかりにくいですよね…

そこで今回は、バスケの主な反則とそれに伴う罰則について紹介します!

反則のルールがわかれば、よりバスケを楽しんで観れるはずですよ!

結論から言うと

  • バスケの反則はざっくりファウルとバイオレーションの2種類
  • ファウルはざっくり分けると接触があるパーソナルファウルと、接触を伴わないテクニカル・ファウルの2種類
  • ファウルは回数を重ねると退場処分となり、場合によっては一発退場もあり得る
  • バイオレーションはファウル以外の接触を伴わない時間とボールの取り扱いによる違反

ということがわかりました。

では、バスケットボールの反則についてみていきましょう!

スポンサーリンク

【初心者向け】バスケットボールの反則はざっくり2種類

バスケットコート

バスケットボールの反則は大きく分けてファウル、バイオレーションの2つに分かれます。

リトル・シャック
リトル・シャック
2種類しかないので、すぐに理解できますよ!

ファウル

ファウルの中でも、大きくパーソナルファウルとテクニカル・ファウルの2つに分かれています。

パーソナルファウルは、主に選手同士の接触によって起こる反則のことです。

相手選手を押したり、掴んだり、叩いたりなどがわかりやすい例ですね。

一方で、テクニカルファウルは接触以外の暴言などスポーツマンに反する行いのことです。

テクニカルファウルは、コート外の選手や監督、コーチなども罰則の対象です。

バスケットボールのファウル
パーソナルファウル 身体的接触を伴う。代表的なものとしてホールディング(掴む)、プッシング(押す)など。
テクニカル・ファウル 身体的接触を伴わない。審判への抗議など。コート外の選手や監督も対象。

ファウルをしたときは、相手側のスローインかフリースローになります。

バイオレーション

バイオレーションとは、ファウルではない身体的接触を伴わない反則のことです。

ダブルドリブルや24秒ルールなどが有名ですね。

バイオレーションをしたら、相手側のスローインになります。

バスケの反則ルールとは?簡単にわかりやすく解説!

バスケの審判

ファウルとバイオレーションの反則ルールをそれぞれ紹介します。

パーソナルファウル

パーソナルファウルはディフェンス側で4種類、オフェンス側で2種類あります。

パーソナルファウル
ディフェンス側 オフェンス側
プッシング(相手選手を押す) オフェンス・チャージング(相手選手に突進する)
ブロッキング(進路を防ぐ) イリーガル・スクリーン(正当でないスクリーン)
イリーガル・ユース・オブ・ハンズ(相手選手の手を叩く)
ホールディング(相手選手を掴む)

この中でも、ブロッキングとオフェンス・チャージングは見分けがつきにくいです。

ディフェンスが先にいたところに、オフェンスがぶつかれば、オフェンス・チャージング、オフェンスが進路に入った後からディフェンスが入ってくれば、ブロッキングとなります。


理論上では分かっていても、実際にプレーを見るとどちらのファウルになるかは紙一重のタイミングです!

個人でパーソナルファウルを5回犯すと退場

このパーソナルファウルは、個人で1試合に5回(NBAは6回)犯すと退場処分となり、その後のゲームに参加できません。

そのため、試合序盤で主力パーソナルファウルが多くなると、試合終盤のためにベンチで温存しておくといったことが起こります。

リトル・シャック
リトル・シャック
このような状況をファウルトラブルと呼びますよ!

テクニカル・ファウル

反スポーツマン的な行いは、テクニカル・ファウルです。コート内だけでなく、全ての選手や監督、コーチが罰せられる可能性があります。

主なテクニカル・ファウルをまとめました。

主なテクニカル・ファウル
審判や相手チームへの執拗な抗議や侮辱行為
不必要にリングにぶら下がる
ボールを頭上から叩きつける
ベンチプレイヤーが立ち続ける、ベンチエリアを離れる
ゲーム中、コーチがコート内に入る
審判にボールを返さず、ゲームの進行を遅らせる

テクニカル・ファウルを取られると、相手側へフリースロー1本が付与され、ファウル前にボールを持っていたチームから試合再開です。

スポンサーリンク

個人でテクニカルファウルを2回犯すと退場

パーソナルファウルは5回で退場ですが、テクニカルファウルは個人で2回犯すと退場となります。

反スポーツマン的な行いなので、罰則も厳しいですね。

ちなみに、コート外の人物がテクニカル・ファウルを受けた場合、監督自身なら2回で退場、ベンチ内の選手なら計3回で監督が退場処分となります。

リトル・シャック
リトル・シャック
ベンチプレイヤーのテクニカル・ファウルは自身ではなく監督に影響するんですね

その他のファウル

パーソナルファウルとテクニカル・ファウル以外のファウルをまとめました。

その他のファウル
ファウル名称 内容 罰則
ダブルファウル ディフェンスとオフェンスが同じタイミングでファウル オフェンス側のボールで再開
アン・スポーツマンライク・ファウル 相手への悪質なファウル 2回で退場処分
相手のフリースローかつ相手ボールで再開
ディスクォリファイング・ファウル 最も悪質でスポーツマンシップに反するファウル 一発退場処分
相手のフリースローかつ相手ボールで再開

 

ディスクォリファイング・ファウルの例はこちらの動画でご確認ください。

このように悪質な場合は一発退場となります。

フリースローになる場面とならない場面

ディフェンス側がファウルを犯した場合、相手チームのフリースローになる場面とスローインで再開する場面があります。

フリースローで再開する場面は以下の通りです。

  • シュート体勢でのファウル(2ポイントシュートは2本、3ポイントシュートは3本、バスケットカウントは1本)
  • 各クオーターでのチームの合計ファウルが5個以上(フリースロー2本)
  • テクニカル・ファウル(フリースロー1本)
  • アン・スポーツマンライク・ファウル(シュート体勢でない場合フリースロー2本、シュート体制の場合はパーソナルファウル時と同様)
  • ディスクォリファイング・ファウル(アン・スポーツマンライク・ファウルと同様)

これら以外の場面でのファウルは、相手のスローインです!

バイオレーション

主なバイオレーションはこちらです。

主なバイオレーション
名称 内容
24秒ルール オフェンスがボールを持ってから24秒以内にシュートを打てない(リングに当たらない)
8秒ルール オフェンスがボールを持ってから8秒以内にセンターラインを超えない
5秒ルール オフェンスがボールを持ってから5秒以内にスローインやフリースローをしない
3秒ルール オフェンスが相手ゴール下の制限区域に3秒以上とどまる
キックボール 足でボールを蹴る
トラベリング 3歩以上ボールを持って歩く
ダブルドリブル 1度ドリブルをして、ボールを持った後にまたドリブルをする
アウト・オブ・バウンズ コート外にボールが出る、ゴールの支柱などコート外のものにボールが当たる
(ボールが空中にある間はオンコートです)
※ライン上はコート外

これらのバイオレーションを犯すと、相手のスローインで再開です。

リトル・シャック
リトル・シャック
24秒ルールと8秒ルールはコービー・ブライアント選手への追悼として話題になりましたね。

バイオレーションはファウルではないので、ファウル回数にカウントされません。

バイオレーションで試合が止まることも多いので、初めのうちは何が反則かわかりづらいですが、このようなルールがあるので覚えましょう。

まとめ

今回は、バスケットボールの反則のルールについて紹介してきました。

改めてまとめますと、

  • バスケの反則はざっくりファウルとバイオレーションの2種類
  • ファウルはざっくり分けると接触があるパーソナルファウルと、接触を伴わないテクニカル・ファウルの2種類
  • ファウルは回数を重ねると退場処分となり、場合によっては一発退場もあり得る
  • バイオレーションはファウル以外の接触を伴わない時間とボールの取り扱いによる違反

となりました。

実際に試合を観ながら、反則のルールについても学んでいきましょう。

テレビやネットでの中継なら、解説付きでよりわかりやすいのでおすすめです!

Bリーグなら、バスケットLIVEやDAZNを、NBAならNBA Rakutenを利用すれば、わかりやすい解説を聞きながらゲームを観れちゃいます。

それぞれ、独自コンテンツも豊富でより反則の知識も増えていきますよ。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました