東京オリンピックバスケ男子ギリシャ代表のスタメンを予想してみた!

いよいよ2020年の東京オリンピックが近づいてきましたね。

バスケファンとしてはオリンピックは各国のスーパースター選手が国の代表として参加するのでいつもとは違う選手たちが見れて楽しみな方も多いんではないでしょうか?

2kasa
2kasa
2019年の男子バスケFIBAワールドカップでは優勝候補の1つにギリシャがあげられるほど世界各国が実力をつけていますね。

そこで東京オリンピックに向けて男子バスケの国別スタメンを予想していきます。今回はFIBAランキング8位のギリシャのスタメンを予想してみました!

結論からいうと

  • 東京オリンピックスタメンは、FIBAワールドカップ2019優勝候補の1つにあげられるくらい実力があるので今回も同じと予想
  • PGはベテランのプレーで安定感を出す「コスタス・スルーカス」
  • SGはPGも出来るので予想がしずらいプレーで相手を混乱させる「ニック・カレイテス」
  • SFは期待の若手でこれから更なる成長も気になる「イオアニス・パパペトロウ」
  • PFはギリシャ史上最高の選手で去年のNBAシーズンMVPを受賞した「ヤニス・アデトクンボ」
  • Cは215cmと長身で止められないスリーポイントシュートを得意とする「イオアニス・ブルーシス」

と予想しました。

それでは男子バスケギリシャ代表のスタメン予想を詳しく紹介していきますね。

スポンサーリンク

オリンピック発祥の地で深い関係があるギリシャ

オリンピックが今の近代オリンピックとなったのは1896年なんです。そのオリンピックの発祥の地はギリシャのオリンピアと言われています。

ギリシャ神話のヘラクレスが発案したとも語り継がれているのでギリシャの人々からするとオリンピックは地元の祭りでもあるので大注目の行事なんです。

ギリシャ代表としてオリンピックに出場できることはギリシャの人からしたらとても光栄なことでもあるので国際大会の中でも気合の入れ方も変わりますよ。

そんなオリンピックでのギリシャの選手の活躍に注目してみてほしいです。

FIBAワールドカップ2019でのスタメンをおさらい

まずは東京オリンピックのスタメンを予想する前に、男子バスケFIBAワールドカップ2019では優勝候補の1つとして注目されていたギリシャ代表のスタメンをおさらいしてみましょう!

  • PG:コスタス・スルーカス (トルコ:フェネル・バーチェネ)
  • SG:ニック・カレイテス (ギリシャ:パナシナイコス)
  • SF:ヤニス・アデトクンボ (NBA:ミルウォーキー・バックス)
  • PF:イオアニス・パパペトロウ (ギリシャ:パナシナイコス)
  • C:イオアニス・ブルーシス (中国:ライオンズ)

東京オリンピック男子バスケギリシャ代表のスタメンは誰なのか?

PGはベテランのプレーでチームの司令塔コスタス・スルーカス

PGにはコスタス・スルーカスを予想します。

2kasa
2kasa
長く代表に選出されている彼のプレーは丁寧で見習うとこばかりですよ。

彼はベテランのPGなので頼りになります。PGはコート上の監督と言われているのでこのような選手がいるとチーム全体が試合中に安定したプレーをしやすくなるのでベテランの彼は頼もしいです。

シュートが苦手なのですがそれを見せないようなさまざまな戦術や技術を駆使してプレーをしているので高度な彼のプレーに注目ですよ。

SGはドリブル、パスと予測しずらいプレーをするニック・カレイテス

SGはニック・カレイテスと予想します。

アメリカのフロリダ州生まれのギリシャ系アメリカ人でしたが2008年にギリシャ国籍を取得しギリシャ代表に選ばれました。

2kasa
2kasa
現在はギリシャのチームに所属していますが以前はNBAでもプレーをしていたんですよ!

彼は得意なポジションがSGとPGなのでドリブルで中に切り込んでいくからパスとシュートどちらも可能です。瞬時に変えていくので相手からするとかなりディフェンスしづらい印象ですね。

アウトサイドシュートも落ち着いて決めていくのでギリシャ代表の2人のガード選手はとても強力なので注目してみてください!

スポンサーリンク

SFは期待の若手なイオアニス・パパペトロウ

SFはイオアニス・パパペトロウでしょう。

現在25歳とまだまだこれから成長していく様子で将来有望な選手です。

2kasa
2kasa
ギリシャ代表のスタメンはベテラン選手が多い中で25歳でスタメンなのは将来性があり期待しています。

彼のプレーの見どころはジャンプシュートです。ジャンプシュートを得意としているのですシュートに行くまでにディフェンダーを振り切るための移動が素晴らしいんですよ。

フリーでシュートが打てるまでコートを縦横無尽に走り回るプレーは運動量が豊富で相手からすると嫌な選手でしょうね。若手ならではの勢いがあるプレーも見せてくれるので今後有名になる前に注目していきましょう!

PFはギリシャ史上最高の選手ヤニス・アデトクンボ

PFはヤニス・アデトクンボで間違いないでしょう。

NBAの2018-2019シーズンには最高選手となるシーズンMVPを受賞しており今世界中でバスケが上手い選手の1人と言われています。

2kasa
2kasa
彼のあだ名は「the greek freak」(意味はギリシャの変わり種)と呼ばれています。規格外の身体能力からこのあだ名がつけれNBAでも屈指の人気選手になっているんです。ギリシャ史上最高の選手といって間違いないでしょうね!

彼は身長が211cmもあるにかかわらずガード並みの動きが出来るのでどの相手選手でもディフェンスするのは困難でしかも体格が分厚く当たり負けもしないのでまさに止めることが出来ない選手なんです。

まだ若いのでギリシャ代表のエースとしてこれからも活躍していくので注目して間違いないですよ!

ヤニス・アデトクンボ選手のグッズは通販でもたくさん販売され、中には予約商品もありました。

NBA Tシャツ バックス ヤニス・アデトクンボ プレーヤー アート オフェンス 500Level グリーン【1911NBAt】
created by Rinker
¥8,470 (2020/07/05 02:34:32時点 楽天市場調べ-詳細)

Cは3ポイントシュートを得意とするイオアニス・ブルーシス

Cはイオアニス・ブルーシスを予想します。

2kasa
2kasa
一度代表引退を表明したのですがギリシャ代表に復帰しチームの大黒柱として支えています。

彼の持ち味は215cmと長身なセンターながらもスリーポイントシュートを得意としています。この身長で繰り出されるスリーポイントシュートは止めることがかなり難しいでしょうね。

リング近くのプレーも力強いのでギリシャ代表には欠かせない選手となっていますよ。

まとめ

今回は東京オリンピックに向けてFIBAランキング8位のギリシャ代表のスタメンを予想してみました!

予想をまとめると

  • 東京オリンピックスタメンは、FIBAワールドカップ2019優勝候補の1つにあげられるくらい実力があるので今回も同じと予想
  • PGはベテランのプレーで安定感を出す「コスタス・スルーカス」
  • SGはPGも出来るので予想がしずらいプレーで相手を混乱させる「ニック・カレイテス」
  • SFは期待の若手でこれから更なる成長も気になる「イオアニス・パパペトロウ」
  • PFはギリシャ史上最高の選手で去年のNBAシーズンMVPを受賞した「ヤニス・アデトクンボ」
  • Cは215cmと長身で止められないスリーポイントシュートを得意とする「イオアニス・ブルーシス」

となりました。

ギリシャ代表にはあのヤニス・アデトクンボがいるので非常に魅力的です。しかもアデトクンボ選手も若いのでこれからもっとギリシャ代表は強くなりそうですよ。

来年、再来年にはFIBAランキングもまた上がってくるかと予想できるので今のうちにギリシャ代表選手をチェックしておいて損はないですね。

この記事を参考に皆さんもスタメン予想してみてくださいね。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました