東京オリンピックバスケ男子アルゼンチン代表のスタメンを予想してみた!

バスケ試合・大会

いよいよ2020年の東京オリンピックが近づいてきましたね。

バスケファンとしてはオリンピックは各国のスーパースター選手が国の代表として参加するのでいつもとは違う選手たちが見れて楽しみな方も多いんではないでしょうか?

2kasa
2kasa
アテネオリンピックではアルゼンチン代表は金メダルを獲得し衝撃を受けました。世界のバスケの強さが均等になってきているのを物語りましたね。

そこで東京オリンピックに向けて男子バスケの国別スタメンを予想していきます。今回はFIBAランキング5位のアルゼンチンのスタメンを予想してみました!

結論からいうと

  • 東京オリンピックスタメン予想はFIBAワールドカップ2019で準優勝という好成績を残しているので今回も同じと予想
  • PGは小柄ながらも強気のプレーでチームを引っ張る「ファクンド・カンパッソ」
  • SGはバランスの取れたプレーでチームの安定感を出す「ニコラス・ブルッシーノ」
  • SFは渡邊雄太選手と大学時代チームメイトだった「パトリシオ・ガリーノ」
  • PFは気迫あふれるプレーをみせアテネオリンピックでは金メダルを経験している大ベテラン「ルイス・スコラ」
  • Cは縁の下の力持ちとしてチームを支える「マルコス・デリア」

と予想しました。

それでは男子バスケアルゼンチン代表のスタメン予想を詳しく紹介していきますね。

スポンサーリンク

アテネオリンピックでは金メダルを獲得したアルゼンチン代表

アテネオリンピックではアルゼンチン代表の金メダル獲得に世界のバスケファンに衝撃が走りました。

準決勝にアメリカとの対戦に勝利し、その勢いで決勝もイタリアに勝利してアルゼンチンは初のオリンピック金メダルを獲得しました。

その頃のアルゼンチン代表は黄金時代と呼ばれていますが、今のアルゼンチン代表はその影響を強く受けたのでオリンピックには並々ならぬ感情を持っている選手たちばかりなんです。

2019年8月には日本代表と親善試合もしていましたので記憶に残っている方も多いんではないでしょうか?

Twitter

FIBAワールドカップ2019でのスタメンをおさらい

まずは東京オリンピックのスタメンを予想する前に、男子バスケFIBAワールドカップ2019では予想以上の結果で準優勝を成し遂げたアルゼンチン代表のスタメンをおさらいしてみましょう!

  • PG:ファクンド・カンパッソ (リーガ:CBムルシア)
  • SG:ニコラス・ブルッシーノ (リーガ:カサデモント・サラゴサ)
  • SF:パトリシオ・ガリーノ (リーガ:サスキ・バスコニア)
  • PF:ルイス・スコラ (中国:山西汾酒猛龍藍球倶楽部)
  • C:マルコス・デリア (イタリア:ヴィルトゥス・ボローニャ)

東京オリンピック男子バスケスペイン代表のスタメンは誰なのか?

PGは小柄ながらも強気なプレーをみせるファクンド・カンパッソ

PGにはファクンド・カンパッソを予想します。

2kasa
2kasa
彼は身長181cmと小柄なので体格が似ている日本人にとっては見本となる選手ですので要チェックです!

身長は世界基準にすると小柄ですが強気のプレーでチームを引っ張ていくアルゼンチンらしい選手ですよ。

彼のプレーで一気にチームの雰囲気を変えることが出来るのでなくてはならない選手です!

彼のプレーを見ると身長が関係ないくらいに思えるのでバスケをしている人にとっては参考になること間違いないですよ。

SGはチームの安定感を出してくれるニコラス・ブルッシーノ

SGはニコラス・ブルッシーノと予想します。

18歳頃からアルゼンチンのプロリーグに入団するなど若くから才能が認められている選手なんです。

2kasa
2kasa
現在はスペインリーグで活躍していますが以前はNBAでもプレーしていましたよ。

彼の持ち味は正確なアウトサイドシュートです。

スポンサーリンク

SGのお手本的のようなプレーをみせてくれます。彼はPGとのバランスを取ることも上手なので彼が出場している時間帯はチームの安定感が増してくるのでアルゼンチン代表でも重宝されていますよ。

身体能力も高くチームの勢いをつけるのに必要な時はダンクシュートをしたりとまさになんでも出来る選手なんです。

SFは渡邊雄太選手と大学時代チームメイトだったパトリシオ・ガリーノ

SFはパトリシオ・ガリーノを予想。

アメリカのジョージワシントン大学に在学中はディフェンスでの評価が高く4年間主力選手として活躍していました。

2kasa
2kasa
日本代表の渡邊雄太選手とはジョージワシントン大学時代の同僚なんですよ!

彼の持ち味はやはりディフェンスですね。得点などの記録に残るプレーよりも相手が嫌がるようなボールを持たせない上手いディフェンスなどを見てほしいです。

こういう選手がいるとチームとしての質が上がるので貴重な存在ですよ。

PFはアルゼンチンの象徴の気迫あふれるプレーが魅力なルイス・スコラ

PFはルイス・スコラでしょう。

現在39歳の大ベテランながらもスタメンで大活躍をしている彼は外せませんね。

2kasa
2kasa
10年間もNBAで活躍していました。彼の力強い決定力のあるプレーはまさにアルゼンチン魂がみられますね

彼のプレーには気迫がこもっていて大黒柱としてかっこいいです。大ベテランの彼がそのようなプレーをみせたら後輩の選手も負けじと気合がはいるのでアルゼンチン代表の憧れの選手ですね。

アテネオリンピックでは金メダルを獲得したメンバーでもあるのでその経験を生かして東京オリンピックでもチームを引っ張てくれるでしょう!

Twitter

Cは縁の下の力持ちでチームを支えるマルコス・デリア

Cはマルコス・デリアを予想します。

2kasa
2kasa
若手の頃はアルゼンチンの有名選手オベルト選手の二世と言われるくらい将来を期待されていたんです。実際アルゼンチン代表に長く貢献していて国際経験が豊富です。

彼の持ち味はセンターながらも器用に味方を生かす黒子役なプレーを得意としていますよ。もちろんセンターとしてリバウンドにも積極的に参加し泥臭いプレーでもチームを盛り上げます。

縁の下の力持ちとしてアルゼンチン代表を支える彼に注目です。

まとめ

今回は東京オリンピックに向けてFIBAランキング5位のアルゼンチン代表のスタメンを予想してみました!

予想をまとめると

  • 東京オリンピックスタメン予想はFIBAワールドカップ2019で準優勝という好成績を残しているので今回も同じと予想
  • PGは小柄ながらも強気のプレーでチームを引っ張る「ファクンド・カンパッソ」
  • SGはバランスの取れたプレーでチームの安定感を出す「ニコラス・ブルッシーノ」
  • SFは渡邊雄太選手と大学時代チームメイトだった「パトリシオ・ガリーノ」
  • PFは気迫あふれるプレーをみせアテネオリンピックでは金メダルを経験している大ベテラン「ルイス・スコラ」
  • Cは縁の下の力持ちとしてチームを支える「マルコス・デリア

となりました。

アルゼンチン代表は現役のNBA選手がいないながらもFIBAワールドカップでは準優勝になった素晴らしいチームです。

体格も日本人に近いことから今後の日本代表の参考になるモデルチームなのでぜひ注目してみてくださいね。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました