【NBA再開】プレーオフのスケジュール一覧まとめ!出場チームもチェック

NBAは2020年の3月12日よりコロナウイルスの影響によりレギュラーシーズンを中断していましたがシーズン再開に向けて動き出していると情報が入りました!

2kasa
2kasa
一時期はシーズン終了のうわさも出てたので再開のニュースに安心しました

しかしいつものシーズンに比べるとかなりスケジュールが変わってしまってプレーオフはどうなるのか気になります。

そこで今回はNBAが再開についてプレーオフのスケジュールを一覧にしてまとめました!さらに出場チームについてもチェックしました!

結論からいうと

  • シーズン再開は2020年7月31日からで、プレーオフは8月18日から10月1日まで
  • 出場チームは密を避けるため22チームに限定している
  • イーストカンファレンスでは「ミルウォーキーバックス」など9チームが出場予定
  • ウエストカンファレンスでは「ロサンゼルスレイカーズ」など13チームが出場予定
  • 優勝チームはチームが一致団結しているロサンゼルス・レイカーズと予想

ということがわかりました(2020年7月8日時点)。

それでは早速NBA再開後のプレーオフのスケジュールについて詳しく紹介していきますね。

今すぐ初月無料の「NBA Rakuten」でNBAレギュラーシーズンを観戦する

スポンサーリンク

【NBA再開】通常シーズンと比較するスケジュールはどれだけずれた?

2020年7月31日から再開する予定ですが通常シーズンと比較するとスケジュールは4ヶ月はずれています。

日程 通常シーズン 再開後のスケジュール
2019年10月22日~2020年2月14日 レギュラーシーズン(前半戦) スケジュール通り
2020年2月21日~2020年4月15日 レギュラーシーズン(後半戦) 2020年3月12日よりシーズン中断
2020年4月18日~2020年6月4日 プレーオフ レギュラーシーズン中断
2020年7月31日~2020年8月14日 シーズンオフ レギュラーシーズン再開
2020年8月18日~2020年10月1日 シーズンオフ プレーオフ

本来ならNBAファイナルが終わってシーズンオフに入っている期間なんです。

シーズンが再開することはとても嬉しいです。しかしスケジュール調整はどうなっているんでしょうか?

通常のシーズンでも過密日程で選手側からも議論になることが多いスケジュールなので気になりますね。

シーズンとプレーオフのスケジュールを一覧にしてみた!再開前と後で比較

シーズンとプレーオフのスケジュール一覧を再開前と後で比較してまとめてみました。

【NBA再開】シーズンのスケジュール一覧

NBAレギュラーシーズンのスケジュールを当初のもの、再開後のものとで一覧にしてみました。

試合スケジュール項目 試合日程(当初のスケジュール) 試合日程(再開後)
レギュラーシーズン(前半戦) 2019年10月22日~2020年2月14日 開催済(当初スケジュール通り)
オールスターウィーク 2020年2月15日~2020年2月20日 開催済(当初のスケジュール通り)
レギュラーシーズン(後半戦) 2020年2月21日~2020年4月15日 2020年7月31日~2020年8月14日(約4ヶ月延期)

レギュラーシーズンの前半とオールスターまでは当初のスケジュール通りでしたが、レギュラーシーズンの後半からが延期となっていました。

【NBA再開】プレーオフのスケジュール一覧

NBAプレーオフのスケジュールも当初のものと、再開後で一覧にして比較してみました。

試合スケジュール項目 試合日程(当初のスケジュール) 試合日程(再開後)
プレーオフ 2020年4月18日~2020年6月4日 2020年8月18日~10月1日
(4ヶ月延期)

NBA再開後の出場チームをチェック

再開後のチームはコロナウイルス対策で密を避けるため22チームと限定にしています。

どのチームが出場するのかチェックしてみましょう!

イースタンカンファレンス、ウエスタンカンファレンスでまとめました!

イースタンカンファレンスの出場チーム

再開後のNBAで出場するイースタン・カンファレンスのチームは以下のとおりです。

  • ミルウォーキー・バックス (再開前の順位:1位、53勝12敗)
  • トロント・ラプターズ (再開前の順位:2位、46勝18敗)
  • ボストン・セルティックス (再開前の順位:3位、43勝21敗)
  • マイアミ・ヒート (再開前の順位:4位、41勝24敗)
  • インディアナ・ペイサーズ (再開前の順位:5位、39勝26敗)
  • フィラデルフィア・セブンティシクサーズ (再開前の順位:6位、39勝26敗)
  • ブルックリン・ネッツ (再開前の順位:7位、30勝34敗)
  • オーランド・マジック (再開前の順位:8位、30勝35敗)
  • ワシントン・ウィザーズ (再開前の順位:9位、24勝40敗)

ウエスタンカンファレンスの出場チーム

再開後のNBAで出場するイースタン・カンファレンスのチームは以下のとおりです。

スポンサーリンク

  • ロサンゼルス・レイカーズ (再開前の順位:1位、49勝14敗)
  • ロサンゼルス・クリッパーズ (再開前の順位:2位、44勝20敗)
  • デンバー・ナゲッツ (再開前の順位:3位、43勝22敗)
  • ユタ・ジャズ (再開前の順位:4位、41勝23敗)
  • オクラホマシティ・サンダー (再開前の順位:5位、40勝24敗)
  • ヒューストン・ロケッツ (再開前の順位:6位、40勝24敗)
  • ダラス・マーベリックス (再開前の順位:7位、40勝27敗)
  • メンフィス・グリズリーズ (再開前の順位:8位、32勝33敗)
  • ポートランドトレイル・ブレイザーズ (再開前の順位:9位、29勝37敗)
  • ニューオーリンズ・ペリカンズ (再開前の順位:10位、28勝36敗)
  • サクラメント・キングス (再開前の順位:11位、28勝36敗)
  • サンアントニオ・スパーズ (再開前の順位:12位、27勝36敗)
  • フェニックス・サンズ (再開前の順位:13位、26勝39敗)

チームの選出方法は?

チームの選出方法ですが理事会承認のフォーマットに基づくもので

  • 現在プレーオフ出場圏内にいるチーム と
  • 各カンファレンスの8位チームに6ゲーム差以内の6チーム

という定義で選出されています。

【2020年NBA】優勝チームをガチ予想

2kasa
2kasa
せっかくなので優勝チームをガチ予想したいと思います!

まずは3番手候補から順に解説しますね。

3番手候補:ミルウォーキー・バックス

再開前の成績:53勝12敗(勝率81.5パーセント)

バックスはシーズン中断までは全体1位の勝率を誇っていました。

前期と主力のメンバーも変わらずで経験も積んでいるチームなのでプレーオフ前半から勢いがつけば優勝する可能性も十分にありえますね。

前期のMVPを受賞したアデトクンボ選手は今期もMVP候補として有力なほど個人成績がチーム成績に影響を与えています。

アデトクンボ選手は29.6得点、13.7リバウンド、5.8アシストと抜群の成績を残しておりプレーオフでは出場時間も増えさらなる活躍が期待できます。

優勝に期待ができるのですがどうしても優勝経験者がいないことが不安要素ですね。

プレーオフでの勝ち方やメンタルを支えてくれるベテラン選手が少ないのでそこをどうやって乗り越えていくかがカギになりそうです。

ヘッドコーチの手腕によっては勢いで優勝の可能性も十分にありえます。

2番手候補:ロサンゼルス・クリッパーズ

再開前の成績:44勝20敗(勝率68.8パーセント)

クリッパーズは何といっても選手層が厚いので激しいプレーオフでもガス欠することなく勝ち上がってきそうです。

シーズン再開後のスケジュールは怒涛のような日程なので選手層の厚いクリッパーズは有利なのではないかと予想します。

特にカワイレナード選手がいることは大きいです。今までスパーズ、ラプターズと所属したチームでエース的な活躍を見せ2度の優勝を経験しています。

今期もカワイ・レナード選手は26.9得点、7.3リバウンド、5アシストと安定した成績を残しており彼の持ち味の勝負強さをプレーオフでは存分に発揮されると予想します。

気になる点はチームの層は厚いのですがチームの雰囲気が良くない、かみ合ってないようにシーズン中は思いました。

エース的存在のポールジョージ選手も調子が上がってないことも気になりますが、この部分が解消されると優勝は間違いないと思える戦力なのでプレーオフでの変化に注目ですね。

最有力候補:ロサンゼルス・レイカーズ

再開前の成績:49勝14敗(勝率77.8パーセント)

シーズン中断するまでは本当に雰囲気が良くレブロン選手が中心となってチームを引っ張っていました。

レブロン選手の個人成績も25.7得点、7.9リバウンド、10.6アシストと35歳の選手が残す成績とは思えないほどの活躍です。

チームとして少し気になる点はスタメンのメンバーは強力なのですがベンチの層が薄いところです。

しかしレブロン選手はキャバリアーズ時代も1人の力でファイナル進出したこともあるのでその時と比べるとアンソニーデイビス選手もいるので大丈夫でしょう。

今シーズンはコービーブライアント選手のこともあったのでチームはより優勝に燃えているので一致団結して最有力候補ではないでしょうか。

プレーオフではエンジン全開のレブロン選手の活躍が期待できるので優勝候補の大本命ですね。

まとめ

今回はNBAが再開についてプレーオフのスケジュールを一覧にしてまとめました!さらに出場チームについてもチェックしました!

これまでをまとめると

  • シーズン再開は2020年7月31日からで、プレーオフは8月18日から10月1日まで
  • 出場チームは密を避けるため22チームに限定している
  • イーストカンファレンスでは「ミルウォーキーバックス」など9チームが出場予定
  • ウエストカンファレンスでは「ロサンゼルスレイカーズ」など13チームが出場予定
  • 優勝チームはチームが一致団結しているロサンゼルス・レイカーズと予想

ということがわかりました。

いよいよNBA再開で期待が高まりますね。異例の日程にはなりましたが楽しめることは間違いないでしょうね。

この記事でスケジュールを確認してシーズン再開に備えましょう!

今すぐ初月無料の「NBA Rakuten」でNBAレギュラーシーズンを観戦する

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました