八村塁は何がすごい?戦績や逸話からわかりやすく解説!

注目・人気選手

バスケの最高峰NBAリーグでついに日本人が初めてドラフト一巡目指名でワシントンウィザーズに入団した八村塁選手。

日本人初のドラフト指名での入団は快挙としか言えないほどの素晴らしい出来事にバスケファンの皆さんは感動しませんでしたか?今もNBAで1年目から活躍していてこれからも楽しみです!

2kasa
2kasa
八村塁選手、NBA入団前はどんな戦績を残していたのか?さぞかし逸話もあったりするんじゃない?って思っちゃいますよね!

そんな八村塁選手のNBA選手になる前の気になることを調べてきました!

結果からいうと

  • 小学生の頃は、野球をやっていたが身体能力が高すぎて誰もボールをキャッチできなかった
  • 野球からバスケへ転身した中学時代では、身長が190cmになりダンクシュートができた
  • 強豪明成高校では、史上3校目のウィンターカップ3連覇を成し遂げた
  • バスケの名門:アメリカ・ゴンザガ大学では、全大学男子バスケポジション別年間最優秀選手に選ばれた
  • 日本代表では4連敗で東京オリンピック出場が危ぶまれてた日本代表を8連勝させてオリンピック出場へと導いた

ということがわかりました。

それでは早速八村塁選手は何がすごいのか?逸話や戦績について詳しく紹介していきますね。

スポンサーリンク

八村塁選手のプロフィール

まずは八村塁選手の詳しいプロフィールから紹介していきますね。

八村塁選手はお父さんがベナン人とお母さんが日本人のハーフなんです。

【八村塁選手のプロフィール】

  • 生年月日:1998年2月8日
  • 身長:203cm
  • 体重:106㎏
  • 国籍:日本(富山出身)
  • 中学:奥田中学(富山)
  • 高校:明成高校(宮城)
  • 大学:ゴンザガ大学(アメリカ)
2kasa
2kasa
実は、馬場雄大選手と同じ奥田中学なんですね~。

八村塁は何がすごい?まずは逸話からチェック

小学生時期の逸話:野球少年で、身体能力が高すぎて誰もボールをキャッチできなかった

八村塁選手は小学生の頃は野球に夢中な少年だったそうです。

お気づきの方も多いかもしれませんが、八村選手の名前は「塁」ですからね。親族が野球選手として活躍することを願い「塁」と名付けたんだとか。

ちなみにNBAドラフトでも「塁」について解説されていました。

小学校時代、野球で大活躍していたか?気になりますが、実は彼の身体能力が高すぎたため彼の投げるボールをキャッチできる人がいなかったのです。

なので思うように野球を楽しめなかったのか野球をあきらめることに。

2kasa
2kasa
何がすごいって普通の人にはありえない逸話ですよね。小学生で次元が違います!

この出来事があったことでバスケを知るきっかけにもなったんです。

中学生時期の逸話:バスケに転身、中学生ではレアなダンクシュートができた

中学性ではバスケットボールに打ち込む毎日。そこで八村塁選手は異常な体の成長をしていきます。

なんと中学3年生の時点で身長190cmにまで伸びており、もうダンクシュートが出来るようになっていました。そんな中学生なんて周りにはいないので中学生の頃からバスケで大活躍でした。

この時に恩師となる坂本譲治コーチと出会いました。坂本コーチは中学に入学してから部活を迷っている八村塁選手をバスケ部に入部するように声をかけ続けたのです。

坂本コーチは、八村選手が入部した後もバスケを飽きないようにバスケの楽しさを伝え、「NBAという世界」があることも教えました。

この出会いが八村塁選手の「バスケ人生のスタート」だったわけですね~。

2kasa
2kasa
いやぁ~日本バスケファンとして「坂本コーチ、ありがとうございました!」って感じですよね。

NBAドラフト直後には坂本コーチに直接電話で伝えるほど感謝している恩師です。

高校生時期の逸話:高校バスケ最高峰の大会・ウインターカップで3連覇、1年生でも決勝で30得点以上きめる

名将率いる宮城県の明成高校に入学してさらにバスケが上達し、八村塁選手が入学してからウィンターカップ3連覇を達成しました。

ウィンターカップは、インターハイと並ぶ高校生の2大大会として有名です。

2kasa
2kasa
ウィンターカップの開催時期は12月頃(3年生が引退する前の最後の大会)。
チームの戦力が一番充実している時期なので、高校バスケの甲子園のようなものなんです。

「ウインターカップ3連覇」という記録は、田臥勇太選手の頃の能代高校、比江島選手の頃の洛南高校に続いて史上初3校目の快挙。

この時期からNBA選手になると意識し始めたみたいで意識の高さが感じれますね。

また八村塁選手個人でもウィンターカップのベスト5を1年生から3年連続受賞、成績も1年生時に準決勝、決勝で30得点以上を残し3年時にも34得点、19リバウンドと勝負強さを見せてくれました。

スポンサーリンク

【明成高校について】
宮城県仙台市にある私立高等学校で、宮城県における最古の高等学校です。
バスケットボール部は、仙台高校にてウインターカップを2度も優勝へ導いた「佐藤久夫監督」の就任と同時に2005年に創部されました。

  • インターハイでの最高成績:2015年優勝
  • ウインターカップでの最高成績:2013年・2014年・2015年・2017年優勝

大学時期の逸話:アメリカ大学バスケ最高峰のMVPを獲得し、NBAドラフト一巡目指名が有力視される

八村塁選手が入学したのはアメリカのゴンザガ大学です。

ゴンザガ大学は「NCAAディビジョン1」という、大学バスケ界でも名門大学なんです。

NCAAとは全米大学体育協会の略で、協会に所属する大学が1部や2部、3部に分かれて、様々な競技で試合をします(アメフト、野球、アイスホッケーなど)。

NCAAにはディビジョン1~3まであり数字が少ない方が大学バスケ界のトップリーグになります。

2kasa
2kasa
つまりNBA選手になるにはディビジョン1の大学でプレーすることが、スカウトの評価を得る上で大切なことなんですよ。

1年生時は英語能力が乏しくコミュニケーションが周りと取れずベンチを温める毎日でしたが、2年生時には英語も克服し本来の能力を発揮しチームのシックスマンに抜擢!

さらに3年生時にはチームのエース的存在に上り詰めました。

この3年生時にはNCAAトーナメントでベスト8位までチームを引っ張っていきました。全大学男子バスケのポジション別でもMVP(ジュリアスアービング賞)に輝き最上級の評価を受けることが出来たのです。

ジュリアスアービング賞は2015年から始まり歴代でもスタンリージョンソン選手やジョシュハート選手、デンタルバレンタイン選手などが受賞しています。

どの選手もドラフト1巡目指名されていた選手でしたので八村塁選手の評価も同じようなものだとわかる受賞でしたね。

Ayumu(@ayumu_19970708)さん | Twitter
Ayumu (@ayumu_19970708)さんの最新ツイート。s15 spec R/Ramen/Coca Cola/Game
【ゴンザガ大学について】
アメリカのワシントン州 にある1887年に創設された私立大学です。
NCAAトーナメントには常連となっているほどのバスケ強豪校で、NBAプレイヤーも数多く輩出しています。

日本代表での逸話:W杯予選4連敗の崖っぷちから参戦し、8連勝を叩き出しW杯・オリンピック出場権を獲得

彼が大学在学中に実は日本代表は大ピンチを迎えていました。

ワールドカップ予選の1次予選でまさかの4連敗。このままだと1次予選敗退。そうなると東京オリンピック出場も危ぶまれる危機的状況な日本代表に救世主として八村塁選手が緊急帰国。

八村塁選手が加わったことにより戦力がとても上がり4連敗からの8連勝!その結果ワールドカップ出場と東京オリンピックへの出場が決定しました!

この時の八村塁選手の大活躍が本当に素晴らしかったです。今年の東京オリンピックではどんな活躍を見せてくれるのか楽しみですね。

戦績からわかりやすく解説!

奥田中学校での戦績

奥田中学校(富山県)での八村塁選手の戦績は以下のとおりです。

  • 中学3年生時に全国大会出場
  • 全国大会で準優勝・大会ベスト5受賞

奥田中学時代には八村塁選手が1年生の頃に日本代表の馬場雄大選手も在籍していました。まさか中学からこんな出会いがあるとはびっくりですね。

明成高校での戦績

明成高校(宮城)での八村塁選手の戦績は以下のとおりです。

【1年生での戦績】

  • インターハイベスト4
  • ウィンターカップ優勝(大会ベスト5受賞)

【2年生での戦績】

  • インターハイ準優勝
  • ウィンターカップ優勝(大会ベスト5受賞)

【3年生での戦績】

  • インターハイ優勝(明誠高校史上初)
  • ウィンターカップ優勝(大会ベスト5受賞)

明誠高校では1年目からチームの主力として出場してました。

ウィンターカップは3連覇を達成し国内の高校生では歯が立たないほどの選手になっていましたね。

NBA選手になると考えていたので八村塁選手はもっと先をこの時から見据えていたのかもしれませんね。

ゴンザガ大学時期の戦績

ゴンザガ大学(アメリカ)での八村塁選手の戦績は以下のとおりです。

【3年生での戦績】

  • NCAAトーナメントベスト8
  • マウイインビテーショナル優勝(大会MVP)
  • ジュリアスアービング賞受賞(SF年間最優秀選手)

ゴンザガ大学時期は初め英語でのコミュニケーションが上手くいかず苦戦していました3年生時にはチームのエースとしてゴンザガ大学をNCAAトーナメントベスト8まで引っ張っていきました。

またジュリアスアービング賞を受賞して一気にNBA選手への可能性が広まった出来事でしたね。

まとめ

今回は八村塁選手の何がすごいのか、逸話や戦績を調べてみました!

これまでをまとめると

  • 小学生の頃は、野球をやっていたが身体能力が高すぎて誰もボールをキャッチできなかった
  • 野球からバスケへ転身した中学時代では、身長が190cmになりダンクシュートができた
  • 強豪明成高校では、史上3校目のウィンターカップ3連覇を成し遂げた
  • バスケの名門:アメリカ・ゴンザガ大学では、全大学男子バスケポジション別年間最優秀選手に選ばれた
  • 日本代表では4連敗で東京オリンピック出場が危ぶまれてた日本代表を8連勝させてオリンピック出場へと導いた

という結果になりました!

改めて八村塁選手のことを調べたら逸話だらけでびっくりでしたね。

そんな八村塁選手が今はNBAで活躍しています。NBAでもいろんな逸話の残してくれると思いますのでみんなで八村塁選手を応援していきましょう!

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました